子供のワキガ臭を抑えるおすすめの洗剤・洗濯方法についてご紹介!

子供さんがワキガなどのニオイトラブルを抱えている場合、衣類を一緒に洗ってしまうとニオイが移ってしまうことがあります。

毎日別々に洗ってしまうと水道代や電気代もかかりますし、何より同じ家族なのに洗濯物を別々に洗っていることを子供さんに知られたら…と思うと少し心が痛んでしまうものですよね↓

そこで今回こちらではワキガ臭を抑えるおすすめの洗剤や洗濯方法についてご紹介致します。

ワキガ臭を抑えるおすすめの洗剤は?

1.ウルトラアタックNeo 洗濯洗剤

ウルトラアタックNeo 洗濯洗剤にはワキガのニオイの元となる汗や皮脂を分解する濃縮酵素が配合されているほか、黄ばみが目立ちやすい脇などに直接塗りやすい設計(独自開発のスマートキャップ)になっています。

2.レノア本格消臭

オネエタレント、マツコデラックスさんがイメージキャラクターを務めている柔軟剤ことレノア本格消臭。

ニオイの原因と化学反応を起こさせることできつ〜いニオイを中和できる仕組みになっているというまさに画期的な商品!

フレッシュグリーン、リラックスアロマ、フルーティーソープなど香りの選択肢が幅広いというのもレノア本格消臭の魅力の一つです。

ワキガ対策向き!ニオイを抑える洗濯方法

水の温度を変える

普段洗濯をする際、ほとんどの方があまり気にしていないかと思いますが、洗濯機に流れ出てくる水の温度を変えるだけで皮脂がしっかり落ちやすくなります。

また、皮脂汚れが最も落ちやすくなる適切な温度は40度と言われています。

もし可能であれば洗濯機の水温を40度に設定すると良いでしょう。

酵素系漂白剤を活用

酵素系漂白剤と聞くと、服の黄ばみを落とすためのアイテムというイメージが強いかもしれません。

しかし、酵素系漂白剤にも皮脂や汗によって繁殖した雑菌を殺菌する性質があります。

洗濯機に回す前に一度酵素系漂白剤を入れた40度のお湯につけ置きしておくと黄ばみと同時にこびりついたニオイもしっかり落としやすくなるりますよ♪

セスキ炭酸ソーダを活用

アルカリ性のセスキ炭酸ソーダには皮脂や汚れを分解する効果が期待できます。

セスキ炭酸ソーダを水に溶かしたものをスプレー容器に入れ、洗濯後にスプレーしてあげるとニオイが和らぐそうです。

セスキ炭酸ソーダはドラッグストアやホームセンターで手に入れることできます。

重曹を活用

重曹もセスキ炭酸ソーダと同じアルカリ性で、酸性のワキガ臭を中和する働きがあります。

使用する際は大さじ1〜2杯程度の重曹を洗濯に入れて洗濯しましょう。