子供のワキガ手術!費用はいくらかかる?おすすめの手術方法について

ワキガは遺伝しやすいニオイトラブルの一つ。

子供の頃からワキガになるわけない!と考えている親御さんもいるかもしれませんが、早ければ小学校高学年頃から発症するんだとか…。

短期間でワキガを解消するには手術を受ける必要性があります。

子供のワキガ☆手術の費用はいくらかかる?

子供さんのワキガにはクワドラカット法がおすすめ。

値段は約35〜40万程度かかります。

クワドラカット法は傷の大きさを最小限に抑えた手術のこと。

他には再発がしづらく、手術時間も短いなどの特徴があります。

傷跡はおよそ4mm程度で手術後3ヶ月も経てば傷跡はほとんど目立たなくなります。

また、病院によっては注射を見ただけで泣いてしまう子供さんのために手術前に麻酔クリームを塗って麻酔注射を打つよう順番を変えるなどの工夫を行なっているそうです。

クワドラカット法は他のワキガ手術と比べるとダウンタイムが少ないので術後3日後には外出をすることが可能です。

ただし、普段からスポーツをよくする活発的な子供さんの場合、もうしばらく様子を見るようにしましょう。

思いっきりスポーツができるのは手術から2週間後からです。

たくさん汗をかいても以前のようにニオイがしなくなるので快適に過ごすことができますよ♪

ワキガ手術の流れについて〜クワドラカット法の場合〜

病院に足を運んだらまずはカウンセリングからスタートします。

ワキガ体質であるかどうか血液検査を行い、手術方法や術後の過ごし方について担当のお医者様から説明があります。

手術当日は襟ぐりが開いたゆったりめのトップスで来院するようにしましょう。

カウンセリング後に麻酔を打ってもらったら手術室へ移動し、いよいよ手術開始です。

両脇合わせて40〜50分程度で手術は完了します。

手術から約1週間後に抜糸を行い、ガーゼも取り外してもらえるそうです。

まだ内出血が一番強く出やすい時期ではありますが、更に2週間待てば徐々に消えてくるので安心してください◎

その他|子供におすすめ治療方法

メスを子供の皮膚に入れるのはちょっと抵抗がある…という場合はレーザー治療などもあります。

ダウンタイムはほぼないため治療を受けた翌日から普段通り学校へ足を運ぶことが可能です。

1回の治療でも十分高い効果が期待できますが、6〜8回と重ねていくごとに他人に気づかれることがない程度までニオイをしっかりと抑えることができます。

治療間隔は2週間程度開ければ問題なく受けることができ、最短で2ヶ月ほどで治療が完了します。